産後の体力回復とダイエットにつながる体操

*
当サイトでは、正しい産後ダイエットの方法や種類、芸能人の成功事例などを紹介しています。

産後ダイエット成功の鍵となる産褥体操

sanjyoku-l

出産後は安静にする、体を休めて回復を待つ、というのが基本的な過ごし方ですが、「産褥体操(さんじょくたいそう)」に関しては、出産してすぐに始めても大丈夫なものなのです。

産褥体操とは

産後直後~退院までは、安静にしているものだと言われますが、全く体を動かさないのは、逆に良くないとも言われます。そんな時期に、ベッドで横になりながらできるのが産褥体操です。

出産から1か月~1か月半程度で、産後ダイエットを本格的に始める人が多いのですが、その際に体型や体重を元に戻しやすくしておく効果があるので、産褥体操は取り入れておきたいところです。(参考)産後の体操|明治が提供する育児情報サイト[ほほえみクラブ]

スタート時期

産後に行うのが産褥体操ですが、体調に問題のない状態であれば、赤ちゃんを産んだ当日からスタートさせる事も可能です。

出産した際に、医師に産褥体操をやってもいいか、確認をしてみるのが1番安心ですが、すぐに始められるという面で、体調が悪くなければ始める人が多いです。

得られる効果

  • 子宮の収縮を促し、骨盤を引き締めてくれる
  • 母乳の分泌を促す
  • 出産で体力消耗した体への早い回復効果
  • 緩んでいる筋肉を引き締める
  • 悪露(おろ)の排泄がスムーズになる

やり方

腹式呼吸と胸式呼吸

ベッドに寝転がったままで、腹式呼吸と胸式呼吸を数回ずつ繰り返していきます。疲れた、辛いと感じたらすぐにやめるようにしましょう。

腹筋を鍛える

お腹の上に両手を置いて、足元を見るように首を上げていきます。そして首をゆっくり下げて、腹筋を鍛えていきます。

これらの体操は、数日後にはもう少しだけ力を入れていけるように、その加減を徐々にアップさせていくといいでしょう。

骨盤を引き締める

出産から5~7日たったころには、かなり動けるようになっていますので、骨盤を引き締める体操を主に頑張っていきましょう。

ベッドに転がったまま、仰向けで右ひざを立てます。左足は伸ばしておき、腕は両方真っ直ぐ下へ伸ばします。右ひざを左足の方向に倒していき、腰を捻っていることを意識しながら、元に戻していきます。これを、左右交互に数回行います。

このように、産褥体操は、病院のベッドの上で空いた時間に出来るので、その後のダイエットが効率よくできることもあり、病院でも勧めているところが多いです。色々なやり方がたくさんありますので、病院スタッフや医師に話を聞くのもいいでしょう。

産後ダイエット成功の鍵となる産褥体操 関連ページ

サプリメントでダイエットサポート
なかなか順調にダイエットが進まない!と、お悩みのお母さんたちには、サプリメントを併用しながらのダイエットをお勧 […]
痩せるための食事内容のポイント
産後ダイエットを日常生活の中で行っていくのであれば、食事に注目をしていくといいでしょう。ダイエットの為のレシピ […]
産後エステで体型を取り戻す
エステで産後ダイエットをする人が増えています。産後にエステで体を動かされてしまうのは、よくないのではないか?と […]
楽しみながら出来るフラフープダイエット
ちょっと変わった産後ダイエット法として、フラフープを使った方法があります。大人になるとフラフープなんてやる機会 […]
赤ちゃんとの絆が深まる!産後ヨガで痩せる
心も体もリラックスしながら、ダイエット効果を得ることができ、体に負担もかからないので、安心して出来るのが魅力の […]
話題沸騰中!インスパイリング・エクササイズ
最近とても注目されている産後ダイエットがあります。それが「インスパイリング・エクササイズ」というものです。長い […]
骨盤の歪みを矯正して下半身を引き締める
産後太りの中でも、下半身が大きくなってしまったという人は多いでしょう。あまり体重が変わっていないのに、下半身が […]